ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE ALIVE HERO'Sや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

ストリートダンスバトル DANCE@LIVE

DANCE ALIVE HERO'S

DANCE@RIZE 2013 関東 vol.03 CLIMAX

DANCE@RIZE 2013 関東 vol.03 CLIMAX

2月3日昼の渋谷J-POP CAFEにてDANCE@RIZE 関東 vol.3 CLIMAXが行われた。
今期最後の国技館ファイナル行きのチャンスとだけあって関東全域から多くのチームが集まり、
ベスト8にはポイントランキング上位のチームばかりが名を連ねていた!…とはいっても3位以下のポイントはほぼ横並び。
どこが勝っても国技館のステージに立てる可能性が高い中、今大会ダークホースだった明治大学妖怪ふぁんくすたーがファイナル行きを確定させていたランキング1位の法政大学Citrusをファンキーかつ柔軟なスタイルで敗ると、そのまま快進撃をみせ続け見事優勝を勝ち取り一発で国技館出場を決めた!
セミファイナルを終えた時点で同得点でのプレーオフが行われることも判明した今期関東予選。
決勝戦後の最終バトル、代表者一名ずつがしのぎをけずる闘いも大東文化大学White Outが僅差で早稲田大学WULを下し、国技館行きの最後の切符を手にした!

  • 1st 妖怪ふぁんくすたー
    明治大学 
  • 2nd Def Rock Beat
    桜美林大学 
  • 4th added flavor
    明治学院大学 
  • 4th White Out
    大東文化大学 
  • 8th Citrus
    法政大学 
  • 8th 光の庭
    明治大学 
  • 8th SprouT
    東京農業大学 
  • 8th W.U.L
    早稲田大学 

JUDGE’S COMMENT
SHUHO (TOKYO FOOTWORKZ)
めっちゃ楽しそう!俺もやりたいなと思いましたね。自分が大学生の時にはなかったから。
例え話が好きなんですが、例えば英語の勉強とダンスは似ています。
今まで学校で学んできた英語は全然使えなくて。
今日勝った人達はそういう意味ではすごくしゃべるのが上手いなと思います。
良い単語とか良い熟語、ダンスで言うベーシックとかステップ、テクニックをもっているのにしゃべり方が下手で伝わらないという感じがしました。英単語や熟語を勉強するのと英語をしゃべるのは別物だと思います。いっぱい練習しても上手くならないと思います。しゃべらないとしゃべれるようにはならないので。踊り合わなきゃだめなんです。英語が話せる人と関わって下さい。奇麗にしゃべらなくても良いと思うし、なまりも良いと思うし、勉強・練習も大事。それを生かすために、常にしゃべって下さい。みんなこういう本番に来て、踊れる人たちと交流してしゃべれるようになって下さい。

2GOO (FOUNDNATION)
予選に上がれなかった子達に対して。力入れて頑張ってきたというのはわかるのですがそれ以上に予選上がった人たちはルーティーンの数もバリエーションがあって、色々な準備してきたと思います。優勝した人をよく見て武器を増やしたり、味を出したり、そうすれば国技館への道が開けると思います。あきらめずに頑張って下さい。
ブレイクに対して。良い曲が流れてるんでもうちょっと遊んだ方が良いかなと思います。自分がやったことないことにチャレンジするとまた自分らしさが出てくるんじゃないかと思います。

HiRo (GROOVIN/SLASH)
ダンスが上手くなっていくことはすごく大事です。でも何より大切にしてほしいのは、ダンスを通じて何を学べるかということです。忘れないで下さい。自分の感覚でプレイする上で何をインプットしていくかで、ドンドン変わって行くと思います。こういう場にいるから、ダンスのイベントにいるから、自分がダンスがうまいとかいう感じではなく、自分の感覚と向き合うことで伸びていくと思います。
総評は最高でした。自分の中で感じたことをそのままテクニックとして表現できていました。
フリースタイルバトルでは、色んなジャンルのルーツを辿ってきたダンスに触れ合うことが出来ます。そのことで自分の感覚が補って行けたらとても良くなって行くと思います。

なおし (AURORA×TEX)
ここにいるジャッジ6人はダンスに対する向き合い方がバラバラです。
僕は社会人ダンサーとしてダンスを本気でやっているので本気で見ました。俺にとっては死ぬほど楽しむ趣味みたいのものなので、楽しむことも忘れずに、なによりも自分らしく踊ることを意識しています。それが心に一番きます。音楽に対して自分という心のフィルターを通してものすごい力を得て出すということがすごいと思ってて、それを後押ししてくれる仲間がいるのがRIZEだと思っています。
深いところまではわかりきってあげられないものです。ルーティーンのルールが変わって難しくなっている中で、勝ちにこだわるのであれば自分らしく踊る以外に、見ている人たちの目線に立って考えることが必要だと思います。

リュウイチ(Mad Skills Styler)
服装が変わったなと思いました。各チームに色が出てきて。なんとかのジャンルはこんな格好とかいうのを取っ払いたいのかなと思いました。人生は経過が大事というように、踊りはここまでのながれを見せてほしいんですね。ドミノのように。フロウがあってのオチなんで。
最後の結末をしっかりさせるには普段のアベレージを自分のリズムでやって下さい。
踊りの伝え方って色々あると思います。アート、スポーツ、趣味、本気と色んな取り組み方があるけれど決めたやり方は自分で裏切らないように貫いて下さい。

ハン (ウルティメイトクルー)
本戦めちゃくちゃ面白かったです。すごく楽しませてもらいました。
俺がRIZE出ていた時より全体的にレベルが落ちたのかなと思います。昔の大学生に比べて今の大学生は本物を見る機会が少なくなっているのかなと思います。岡本太郎が「芸術活動は見ることから始まる」といっています。見ることはめちゃくちゃ大事です。どんどんイベントに行って良いものをものを見て下さい。ポップも色々スタイルが枝分かれしていると思います。根っこの太い部分を探してちゃんと感じて下さい。

DJ
SHINGO / JUVENILE

MC
まーくん