ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE@LIVEや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

ストリートダンスバトル DANCE@LIVE

DANCE@LIVE

DANCE@LIVE 2011 FREESTYLE 関東 vol.04

DANCE@LIVE 2011 FREESTYLE 関東 vol.04

  •  TECCHY
    WINNER TECCHY
    GONZO
  •  akihic☆彡
    2ND akihic☆彡
    Beat Buddy Boi
  •  RYUZY
    BEST4 RYUZY
    Let's Boogie
  •  KENTO
    BEST4 KENTO
    S.T.O
  •  SHUHO
    BEST8 SHUHO
    GUESS WHO'S BACK!!
  •  WAPPER
    BEST8 WAPPER
    BORN 2 FUNK
  •  CanDoo
    BEST8 CanDoo
    スタキャン
  •  Tosa
    BEST8 Tosa
    Crazy Head

またしても様々なジャンルのスペシャリストが自分達のジャンルをレペゼンする為、そして新たな可能性を発見する為、多くのダンサーがこのFREESTYLEというジャンルに挑戦した。FREESTYLEの定義がまたしても変換期を迎えることになったであろうこの大会。イベント終了後の審査員のHIROのコメントにあるような、問いかけがされイベント側、DJ、MC、出演者、JUDGEにも考えさせれた大会となった。この大会、その言葉通りどんな音楽にでも自分のダンスで様々な音楽を表現したのはGUESS WHO’S BACK!!のメンバー!「RYUZY」、「KENTO」、「WAPPER」、「FRESH SEIJI」、「SHUHO」という超豪華なメンバーがこの大会を大いに盛り上げていた。また先シーズンではありえないようなHIPHOPを得意とするダンサーが3人もBEST8に入る結果となりHIPHOPの急速なレベルアップを感じることができた大会となった。その強豪を打ち破りFREESTYLE SIDEでの初優勝を果たし、新時代の顔となったのがPOPPINを自在に音楽にのせてテクニカルかつエモーショナルなMOVEを魅せた「TECCHY(GONZO)」。BEST8では「CanDoo」のダイナミックなムーブを繊細なテクニックで上回ると、BESt4では「RYUZY」のPOPとHIPHOPをミックスしたハイブリッドなスタイルに対してPOPPINのみという自らの長所のみで勝負したMOVEで勝利。決勝はakihic☆彡のテクニカルで音楽性豊かな表現に対して、エナジー溢れる熱いMOVEを繰り出し見事初優勝を掴んだ!!