ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE ALIVE HERO'Sや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

ストリートダンスバトル DANCE@LIVE

DANCE ALIVE HERO'S

DANCE@LIVE 2012 HIPHOP 関東 vol.04

DANCE@LIVE 2012 HIPHOP 関東 vol.04

DANCE@LIVE HIPHOP KANTO vol.4が12月6日に開催された!
毎回多くのエントリーが募り、ポイントランキングにも大きな動きが見えるvol.4。
関東圏外からも多くのエントリー者が集まる中、注目を浴びたのは先日行われたDANCE@LIVE KYUSHUでもポイントゲットし、勢いにのるGROOVIN/SLASHのTAKE、HiRoや、Skullsのヒロトといった面々や、vol.1から参戦し、カリスマックスでもポイントゲットし、勢いにのるemiの参戦。
他にも、Real promotionのSHIGERU、Beat Buddy BoiのRYO、YASS、SHINSUKE、など現在HIPHOPシーンの最前線で活躍しているメンバーが集まり、予選からヒートアップしたバトルがつづき今までにない接戦を魅せる中、多くの実力者がまさかの1回戦で敗退するなど、序盤から波乱の展開へ!
そんな中、過去のDANCE@LIVE HIPHOP FINALの覇者でもあるKENTO、CanDooや、emiなどが厳しい戦いを勝ち抜き、見事QUARTERFINALへ進出した。emi、KENTO、他にもヒロト、CHU、HJM、KYOGOなどが見事勝ち上がりポイントをゲットするも決勝前に敗れてしまう。
その中でも素晴らしい勢いを魅せ、見事決勝へと駒を進めたのは、現在最も勢いがあるといっても過言ではないBeat Buddy BoiのYASS。対するは、昨年度覇者のCanDooとなった。お互い全く違うスタイルを魅せ、どちらも音という音を逃さず巧みに体を使い見事な戦いとなり、延長戦へ。延長戦を制したのはオリジナルスタイルで魅せるCanDoo。見事優勝し、国技館行きを確定させた。
残る予選は、vol.5と前日予選。果たして残りの国技館行きの座を勝ち取ることができるのは誰になるのか。

  •  CanDoo
    WINNER CanDoo
    スタキャン
  •  YASS
    2ND YASS
    Beat Buddy Boi
  •  CHU
    BEST4 CHU
    sinario
  •  ヒロト
    BEST4 ヒロト
    Skullz
  •  HJM
    BEST8 HJM
    P-FACTION
  •  KENTO
    BEST8 KENTO
    S.T.O / KENTO&CanDoo
  •  KYOGO
    BEST8 KYOGO
    D'OAM
  •  emi
    BEST8 emi
    emanua / P∞P

WINNER CanDoo
ありがとうございます!お疲れ様です。
長丁場でしたね(笑)集中力が切れそうで危なかったですね。大変だったので本当に嬉しいです!! 
国技館は全力を尽くすしかありません。よろしくお願いします!!みなさんお疲れ様でした!!
 
JUDGE COMMENT
oSaam

お疲れ様でした。
ここの場所で踊るのは見てるのと全然違くて、立った瞬間に音が聞こえなくなったり、「余裕だし行ける」と思っても出た瞬間に今までやろうとしていた事が出来なくなったりして、魔法のかかっている所なんですよね。それをものにする為にみんな考えたりヘコんだりすると思うんですけど、ふざける事が勝つとかではないです。自分のほんまに楽しいと思う事を追求すれば勝手にカッコ良くなって行けると思うので。やっぱり勝つ為にじゃなくて、カッコ良く踊る為に、毎日踊って欲しいなと感じました。
みんなの顔を見ていたら、何かが乗り移っているような感じがあったのでもっと自分でいいかなというところがありましたね。
盛り上がっているとこも含めて、すごい楽しい瞬間はいっぱいありました。でも、「盛り上がってるとこだけがバトルの醍醐味じゃないよ」というのが今言いたい事です。
決勝戦は2人ともいいものが出てたから、「それをどう決めるの」という感じですごいもめましたね。どっちの良いとこも分かるけど、どっちがいいと言われたらどっちもいいから、本当に難しかったです。
延長戦だけを見て、candooの方がHIPHOPしていたなというのがあったのでこの結果になりましたけど、その結果が2人の価値を決めるものではないので。それはみんな分かってると思いますが、今日は今日でという感じです。
みなさん自分を貫いていいと思います。お疲れ様でした。