ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE ALIVE HERO'Sや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

ストリートダンスバトル DANCE@LIVE

DANCE ALIVE HERO'S

DANCE@RIZE 2012 関西

DANCE@RIZE 2012 関西

勝てば一発で両国国技館が決まる、DANCE@RIZE KANSAIが遂に11月12日新大阪KOKOPLAZAで開催された。
FINALへの切符を手にするべく多くの大学からエントリーがあり、予選から大学同士の意地と意地のぶつかり合いとなった。
ルーティンで魅せるチームもあれば、ソロのスキルの高さを巧く活かすチームもあり、多種多様なチーム色がある中、場にのまれてしまい、うまくチーム色を出せない大学もあった。
関東と同じく、ポップ、ロック、ブレイクなどオールドスクール勢が多い中、ヒップホップ、ハウスなどのニュースクール勢がやや少なく、バトル展開もオールドスクール勢が優勢となる場面が多かった。
昨年以上の盛り上がりを魅せるDANCE@RIZE KANSAIで、見事予選を通過したのは、立命館大学(exist+FungRooMoon)、兵庫県立大学(INFINITY)、同志社大学(tripcolor)、大阪国際大学(C.K.Naked)、立命館大学(Hip pop)、流通科学大学(RUBU)、関西大学(Soul Beat Family)、近畿大学(EPOK)の8チーム。
中でも、関西大学(Soul Beat Family)は安定したラビット、パワームーブを魅せるブレイク、ノリの良いポップ、華のあるパンキングをうまくルーティンで魅せチーム力の強さを魅せつけ見事予選を通過したものの、惜しくもトーナメント1回戦で近畿大学(EPOK)に敗れてしまう。その近畿大学(EPOK)も、勢いのあるポップ、ロックを魅せる立命館大学(exist+FungRooMoon)に敗れてしまった。
DJ HIROKINGの最高の選曲の中、会場はこの日一番の盛り上がり魅せ決勝を迎えた。
見事決勝まで勢い良く勝ち進んだのは、立命館大学(exist+FungRooMoon)、立命館大学(Hip pop)。
決勝でまさかの同門対決となった。オールドスクール勢が多い決勝バトルは、最後のムーブで音にのり、会場を盛り上げ、最高のロッキンを魅せた立命館大学(exist+FungRooMoon)が見事優勝に輝き、両国国技館行きを確定させた。実力とノリの良さを兼ね備えた立命館大学がFINALへ乗り込み、関西の大学ダンスシーンを轟かせることはできるのか!?

  •  立命館大学
    WINNER 立命館大学
    exist+FungRooMoon
  •  立命館大学
    2ND 立命館大学
    Hip pop
  •  同志社大学
    BEST4 同志社大学
    tripcolor
  •  近畿大学
    BEST4 近畿大学
    EPOK
  •  兵庫県立大学
    BEST8 兵庫県立大学
    INFINITY
  •  大阪国際大学
    BEST8 大阪国際大学
    C.K.Naked
  •  流通科学大学
    BEST8 流通科学大学
    RUBU
  •  関西大学
    BEST8 関西大学
    Soul Beat Family

WINNER 立命館大学(exist+FungRooMoon)
めっちゃ嬉しいですね。今日は本当に楽しかったです!同じ大学のやつと戦えた事もすごい嬉しかったです。
FINALは関西代表として優勝します!!
 

2ND 立命館大学(Hip pop)
めちゃくちゃ悔しいです。
このチームには3連敗しているので、もう勝ちたいですね。いつか絶対倒します!
僕達を倒したんだから優勝して来てください!

JUDGE COMMENT 

麗加

お疲れさまです。
まず、JUDGEをやらせてもらえてすごく光栄です。ありがとうございます。
決勝はすごく楽しくて良かったです!予選は大体出し切れられへん人が多いと思うので、どうやったら予選から出し切れるのかをもう少し考えるといいかなと思います。 
「出し切れられへんかったわ」ではなくて、次に生かして欲しいですね。予選から出し切って、体力だったりフィーリングを決勝まで持続出来るようにして下さい。
BEST8からは、下手な子と上手い子の差を感じなかったです。残り時間のカウントされていないのにはけちゃう子と、カウントされてもまだ踊っちゃう人とで音楽に対しての集中力の差が出ていました。集中力というのはどんな時でも、あなた達をすごい人にさせてくれます。最近それをすごい感じるんですよ。集中力がある人は何してても引き付けられるけど、集中力がない人だと1分踊っていても正直飽きちゃうというか長く感じてしまいます。集中力によって差が出るのは、見せ場があるというのではなくて、その人自身の音楽に対しての集中力がクリアでそれが見えた時なんですよ。決勝は、バランスがすごい良くて予選からしたら「別人ちゃうか」と思うくらいでしたね。トリッキーというか何をするか分からんくらいお祭りみたいな感じが良かったです。
特に質感がすごい良くて、バリエーションも豊富でしたし、全体の質が良いという感じでした。
それから空気を読んで、その空気を持って行ったなと思いました。 内容は、映像で見たらへこむと思うねんけど(笑)。
3人で勘というものを感じないと、ダンスがすごい上手くても上がれないんですよね。対戦相手がパッションで行っていて、空気的に押されてるとか何となく肌で感じて「俺パッションで行って空気で持って行かなアカンわ」みたいな事を感じられてええ感じやったなと。3on3なのでチームワークをどう見せるのか、ダンスのバランスだったり色々あるので、それも感じ取って下さい。
いろんなジャッジがおりますけど、私は楽しんでるとこが見たいんですよね。その人の楽しみ方はそれぞれ感じますし、それが笑顔だろうがそうじゃくてもその人が楽しんでいればこっちに感じるので。立ったときに緊張していても、音に集中する事と楽しむ事で頭をいっぱいにして欲しいですね。私はそうしています。
やるべき事はたくさんありますけど、その中の1つ「感性を磨くこと」はほんまに大切です。人としてもダンスとしても。
ダンスのジャンルもいろいろありますけど、ステップの出し方1つにしても音に対しての表現にしても、その人にしか表現出来ひんのにその人じゃなくてもいいようなダンスをしたらもったいないじゃないですか。だからその人なりの感性を磨いて、その人にしか出来ないダンスをして欲しいです。感性はほんまに磨いて下さい!これは言い切ってもいいです!ほんまに、これから先みんなにとってすごい大切なことやと思います。ダンスをやっているからには、磨き続けることを意識して欲しいです。
今は今の歳にしか出せないダンスをちゃんと理解して、だんだん深みを増して行って良いダンサーになってもらえたらいいなと思います。ありがとうございました。

SHINGO

お疲れ様でした。感じることが本当に大事だと思います。
決勝の2チームは、パッションがとってもすごいなと感じました。
技術が凄かったりフィーリングが上手い子もいましたし、決勝戦の6人より上手いなと思った子もいたんですよ。
でも3人のバランスだったり、僕の1番のポイントはやっぱりパッションだと思いました。
レイカも言ってましたけど、1分間の間に集中するという事も強い気持ちや情熱がないと集中出来ないと思うんです。すぐ心が折れちゃったりするので、やっぱり気持ちが1番だなという事を改めて再確認しました。でも「パッションだけでは勝てない」とも思います。今このレベルでこの人数だから勝てたと思う部分もあるので、関西代表になったからにはもっとルーティーンにも凝ってやって行ったほうがいいかなと思いました。
お疲れ様でした。

CGEO

お疲れ様でした。優勝おめでとうございます!
各チームいろんなルーティンを出していたと思いますが、やっぱり上がらないと意味がないと思うので予選にしっかりとしたルーティンを出して行く事が大事だと思います。
間違うのは練習不足で仕方ないとしても、正直見ていて「なくてもええのにな」と思うルーティンがありました。
BEST8・BEST4を見ていたら、すごい考えられたルーティンや「こんなんあんねや」と思うものを出していたんですよね。
予選を上がるために、ただやってるだけなんやったらしっかりとソロを出した方がいいと思うので、そういうところも考えた方がいいかなと思います。
ルーティンは広さと視野をしっかりと考えた方がいいですね。今のルーティンが良いとかアカンではなくて、もっとよく考えると良くなります。大学生なら頭がいいと思うのでそれをしっかりと自分で考えて下さい。
予選で出し切れないというのは、ジャッジをする上で難しいポイントですね。やっぱり普段の練習量が出ると思うので。自分でしっかりアップして、どの状態で望むのかというところがホワンとした状態で出ている子がちょっと多かったなと感じました。
「地に足がついてないな」と思う子が上がって行くにつれて、地に足がついた状態で踊れていたので、予選の時からしっかりとアップしていたら良かったのになと。自分の調整をしっかり出来るようにした方が良いダンスが出来ると思います。
僕はHIPHOPをやっていて、みんな自分がレペゼンンするダンスをしていたと思うんですけど、今日は確実にPOPダンサーが群を抜いて良かったですね。
逆に言うと他のジャンルのダンサーはちょっと弱かったかなと感じました。特にHIPHOPですね。
今日のPOPダンサーと他のみんなとでは、何が違うかと言えば、単純に音楽をしっかりと聴いて欲しいなということです。 音楽を聞いて欲しいというよりも、音楽を生活スタイルにして下さい。普段から音楽を聞いていないのにバトルの時だけ音楽聞いて、音を聞ける訳がないと思うので、普段から音楽をもっと愛して欲しいなと思います。
今日は、僕もPOPダンサーの方達にそれを学ばせてもらいました。 感性の部分では、やっぱり音楽を聞いている人の方が表現力というのが豊かになると思います。
HIPHOPのダンサーがアカンというわけではないんですよ。ムーブに走っている部分がちょっと見受けられたので、そういう部分は改善出来るかなと。がんばってください。
では、優勝チームも国技館頑張ってください!まだまだ東京はレベルが高いと思うので、関西代表頑張って下さい!ドカーンと決勝の時みたいにもうダンスかどうか分からへん感じで行ってください(笑)
最高でした!お疲れ様でした。