ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE ALIVE HERO'Sや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

ストリートダンスバトル DANCE@LIVE

DANCE ALIVE HERO'S

DANCE@RIZE 2012 九州

DANCE@RIZE 2012 九州

国技館行きを決めるべく戦いDANCE@RIZE KYUSHUが12月16日開催された!
九州全域から多くのエントリーがあり、エントリー者以外にも熱き戦いを一目見ようと来場したオーディエンスも多く、
スタート前から会場は熱気に包まれていた。
ルーティンを多く魅せるチームから、ソロで魅せるチームと様々な色を魅せていた大学生達。
中でも目立った実力を魅せ見事SEMIFINALまで勝ち進んだ、九州産業大学(Crazy hands)、熊本学園大学(ラルクアンシエル)、九州大学(Something a la mode)、西南学院大学(The Lounge Guardian)の4チームはチーム力でも個々のスキルでも魅せていた!
惜しくもBEST8止まりとなってしまった、福岡大学(南海ホークス)、九州大学(soul rush)、九州大学(攻めのStyle)、熊本学園大学(第2体育館)の4チームも素晴らしい踊りを魅せるも僅差で決勝前に敗れてしまう。
会場の応援で熱気いっぱいになっている中、勢いよく決勝まで勝ち進んだのは、九州大学(Something a la mode)、西南学院大学(The Lounge Guardian)の2チーム。九州産業大学(Crazy hands)、熊本学園大学(ラルクアンシエル)の2チームを見事に敗り決勝まで進んだが、SEMIFINALでは僅差の戦いとなっており、JUDGEも頭を抱えていた。
多くのダンサーが見守る中、決勝にきて、ここ一番のムーブを魅せ、チーム力を全開にぶつけてきたのは、西南学院大学。そのまま勢いにのり、ハウス、ロック、ポップとバランスのとれたルーティンと他を寄せ付けない実力で見事九州大学を敗り優勝を手にした!九州代表として国技館の舞台で優勝を狙う!

  •  西南学院大学
    WINNER 西南学院大学
    The Lounge Guardian
  •  九州大学
    2ND 九州大学
    Something a la mode
  •  九州産業大学
    BEST4 九州産業大学
    Crazy hands
  •  熊本学園大学
    BEST4 熊本学園大学
    ラルクアンシエル
  •  福岡大学
    BEST8 福岡大学
    南海ホークス
  •  九州大学
    BEST8 九州大学
    soul rush
  •  九州大学
    BEST8 九州大学
    攻めのStyle
  •  熊本学園大学
    BEST8 熊本学園大学
    第2体育館

西南学院大学(The Lounge Guardian)
お疲れ様でした。応援してくれた方々、ありがとうございました。
今日はいつも練習でやっている事が全く出来ませんでした。
予選でも「終わったな」と思いましたし、練習だともっと出来るんですけど、攻めのスタイルも全然踊れなくて
決勝も全く乗れない悪い日だったので、ここに立っている事も自分は納得出来ずにいます。
でも九州代表ということになったので、関東や関西の人達に「九州はこんなレベルが低いのか」
と言われないようにもう少し鍛錬して認めてもらえるようなバトルをしたいと思います!
応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

JUDGE COMMENT

クララ(nine state b-boyz)
お疲れ様です。全体的に見てB-BOY目線で言うと、バトルになってないかなと思いました。
今のバトルはポイント制なんですよ。今日の感じで大きい大会に出たら減点になっちゃうと思います。バトルの仕方をもう少し追求した方が良いですね。
バトル全体が、単純にセッションになっちゃってるんですよね。相手が良い踊りをしてたら「うわっいい!」となるのはDJタイムで出来る事であって、バトルはバトルでちゃんと区別を付けた方がいいと思います。決勝で負けたチームの敗因は、同じルーティンを2回踊っちゃった事ですね。
あくまでもB-BOY目線ですけど、これは完全にアウトだと僕は思っています。
それから、軸が結構ブレてるかなと感じました。 「DJタイムは上手いんだろうな」「自分だけで踊ると上手いんだろうな」と感じる人が多かったですし、
踊り合うとなると、自分をなかなか出せないという人が多く見えました。それは単純に経験不足なんですよね。
多分全然バトルに出てないと思うんですけど、関西や関東に行ってる人は、この中に何人いるかと言ったら全然いないと思うんですよね。
それでは勝てないんですよ。もっと外に出る事がすごい大事だし、そういう経験も踏まえて勝って行くとすごく色んな事を吸収出来て、今よりもっと楽しくなると思うんですよね。
優勝したチームは九州代表になったので、バトルの駆け引きの仕方とかを映像を見て追求して下さい。
後ろにいるみんなの為にも、見に来ている人の為にも、もっと練習して下さい。でもプレッシャーには思わないで欲しいですね。最終的な目標で言うと楽しむ事です!
セッションはセッションでバトルはバトルでちゃんと区別をつけて、バトルをしましょう!お疲れ様でした。
 

えりんこ(ケイ☆モビ)
お疲れ様でした。今回初めて大学生のバトルを見に来たんですけど、
ものすごく盛り上がっていると聞いていたので楽しみにしていました。
バトル出ることはすごく良い事だし、どんどん色んな所に出て行く事も良い事なんですけど、3on3はルーティンがあるので、最低限ミスをしないことです。
バトルの経験が少ないという事もあると思うんですけど、今日はルーティンをミスしたりする所が多く目についたので、すごくもったいないなと感じました。
スキルではなくて、チームワークももちろん大事なんですけど、全体的に会場の雰囲気が盛り上がるまでは行けてないかなという印象でした。
準決勝・決勝になって来てやっと、会場全体が「うわーっ!!」となるような盛り上がりが見えて来ましたね。やっぱりそれは経験だったり、練習量だったり色々あると思うんですけど、全国はもっとレベルの高いバトルがいっぱいあると思います。そこに負けない様に、もっともっと熱いものを持って挑んで欲しいです。
今日2位だった子が終わった後に、ものすごい悔しがっていた姿から「本当にこういう想いでぶつかって来たんだな」という事が伝わって来ました。みんなもそれくらいの想いを持っていて欲しいです!あとは楽しんでやって行って欲しいですね!ありがとうございました。
 
 
 
Orange(Clap Paijha)
お疲れ様でしたー!!僕が予選から見ていて思った事は、同じくやっぱりルーティンですね。練習不足がすごく目立っていました。
その時点で「練習して来いよ」と思ってしまうんですよね。上がって行くうちにルーティンを含め良くなるという事は、「行くぞ!1234!」というカウントが見えるとちょっとカッコ悪いんですよね。特にこの決勝の2つのチームが、いつルーティンに入ったか分からなかったんですよ。すごい上手いルーティンの使い方をしていて、そこでサプライズが生まれて「グッ」と掴まれるというか、そこからだんだん盛り上がってくる感じになるんですよね。だからやっぱり工夫しているルーティンだったり、「こう持って来たら面白いよね」と考えられたルーティンが
ナチュラルに出るまで練習出来ているというチームが良いチームワークを見せれてると思います。
熊本のチームは最後に出たルーティンがすごい「ウワーっ」となったんですけど、チームとして見た時、僕は逆の方に上げました。
多分みんなチーム3人で一生懸命考えると思うんですよ。良いルーティンにする為にもっと自分達にしかできない事を、考えながらテンションが上がったりする作り方で
一生懸命考えて作ってもらえたら、もっと良いものが出来ると思います!それからもう1つ思った事が、それぞれに自分が得意なものがあると思うんですけど、ジャンルで区切って考えている人が多いなと思いました。ここでかかる曲で自分が対応して行けば、ジャンルは関係ないと思うんですよ。
ダンスとして考えて行けば、どんな曲に対しても違和感無く良い踊りが出来るんじゃないかなと。
それぞれに得意なジャンルは持ったままダンスとして考えるようになったら、もっともっと良いムーブが出ると
個人的には思うので、そういう気持ちで練習して行って欲しいです。ありがとうございました。
 

P→☆(Sugar Hill)
お疲れ様でした。
チームではなく1人のダンサーとして見た時に、ROCKだったらROCKしか出来ないんだろうなというのが
あからさまに見えたかなという感じがありました。勢いで、その時にかかっている音楽で楽しんでいる人が少なかったので、普段から色んな曲を聴いて、
好きな曲だけじゃなくて、ベタですけど本当にそこが大事だと思うので。 
そこから更に自分が好きな曲で踊る時にも繋がってくると思うんですよね。
これからずっとダンスを続けて行くなら、そこは絶対大事だと思うので、いろんな曲を聴いて踊って下さい。
あとはルーティンの差ですね。完成度やクオリティーの高さだったり、空気感で出しているチームと練習通りにそのままカウントで使って出しているチームとの
差がありました。以上です。お疲れ様でした。
 
 
 

RYO aka DJ226(I LOVE FOOT WORK)
お疲れ様でした。
激辛口でいきます!
単純に言うとレベルがかなり低過ぎです。
年齢制限が決まっているバトルは、必ず同世代としか当たらない訳じゃないですか。レベルの低い高いはどこで決まるのかと言ったら、踊りに対して音楽に対してどれだけストイックに
時間をかけて、それに対して努力をして経験を積んで、自分の実力を上げているかという問題になると思います。大学生で、就活している4年生以外は1番ダンスが伸びる時期だと僕は思っています。他にもやりたい事があると思いますが、踊りに対して「これが好き」「趣味」「面白い」と思ってる人に関してはもっと実力を上げても良いんじゃないかなと思いました。
じゃないと実際に国技館に3人が行っても、関東予選の予選落ちのチームと同じレベルか、もしくは以下だと思うんですよ。厳しい言い方ですけど。
それから、本番で練習通りの実力が出るなんてそうみんな無いと思っていた方がいいよ。例えば俺だってそうだし、他のJUDGEだってそうです。俺達もクラブで毎日踊ってるんですけど、
踊ってる実力の2割も出ていないって自分で思ってます。という事は自分のレベルの底上げをしておかないと、本番では良い踊りは出来ないし、周りやJUDGEに良い踊りと思われる踊りは絶対に出ないと思います。そこは九州だからとか平均レベルが高い関東だからとかは関係ないです。どれだけ踊りが好きで、どれだけ踊りに対して考えて行動して頑張ってるかによります。
バトルに関して、本気で勝ちたいと思ったら相手がいいムーブをした時に、まず拍手はしないし笑顔も出ないです。
絶対負けたくないわけだからね、相手が良いムーブを出した時はその流れを「どう自分のチームに持って行ってやろうか」くらいの事しか思わないと思うんですよ。
それぐらい勝ちたいという信念も必要だろうし、勝つための技も必要だろうし、良い技だったり良いものを見せる為には、音楽を楽しむ心も必要になって来て、
色々なものがないと実際両国では勝てないと思います。前回見に行きましたけど、「おー!!」と思うとんでもない実力の大学生がbest4とかに上がって来ていました。
一応九州代表になったわけだからね、来年の4月までにもっともっと色んなものを自分達の中に取り入れて やって行かないとですね。僕らおっちゃん連中も頑張ってるし 若い子達ももっともっと頑張って踊ってバトルはバトルで戦って、クラブタイムはみんなで遊んで楽しんで、これからも熱い九州にして行きたいと思っています!
辛口で言うのはコメントだけなので、嫌いにならないでください。(笑)
お疲れ様でした。
 
 
 
Matsuya(Majestic-5)
みなさんお疲れ様でした。
九州でRIZEが行われて2回目になるんですけど、先ほど言われた様にまだもう一歩足りないところがあると思いました。
ただ九州代表という名前はかなり強く持ってもらいたいですね。参加大学はまだ少ないかもしれないですけど、この中から九州代表として行くという事はみんな応援してくれると思うのでね、その応援の力はかなり重要なものだと思います。前回、九州代表で国技館に行った子達にも多少は応援来ていたと思うんですけど、国技館の会場は本当に半端ないです。行ける人と行けない人の想いを全部背負って行くわけなので、それは重く持ってもらって僕は良いと思います。それに打ち勝ってこそ人間的にもダンサー的にも、その会場に呑まれない為にも、すごく強くなれると思うので、3人はそれに応えるべく練習だったりスキルを磨く事やチーム力を上げるという事を
どんどんやって下さい。サークルの子達は、どんなやり方でも良いので本当に応援してあげて下さい。  
そうしないと、一気に呑まれますから本当に!
応援だけでも良いので、彼らの精神力だったりメンタルの部分を鍛えてあげる為にサークル全体で応援して欲しいです。僕はそれを本当に願っいます。
負けたチームもみんなで応援してあげて、勢いついて決勝まで行ける姿を僕は夢に見ているので、応援してあげてください。
是非この九州からRIZEの優勝の大学を出せればと思っています! 
なのでこれからもその舞台を熱く目指して行ってくれたらと思いますので、よろしくお願いします。
どうもありがとうございました。