ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE ALIVE HERO'Sや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

※重要なお知らせ
この度、ダンスのニュース記事は「Dews (デュース) http://dews365.com」 へと移動いたしました。
DANCE@LIVE、DANCE@PIECE、ZEROコンテストなどのイベント情報は引き続き「DANCE@WEB」 より配信いたします。
ダンスのニュースを、お探しの場合は「Dews (デュース)」 をご利用下さい。 よろしくお願いいたします。

NEWS

変則ビート、DJラシャド来日

変則ビート、DJラシャド来日

米シカゴで発展した「ジューク/フットワーク」と呼ばれる高速、変則ビートのダンス音楽の旗手として知られるDJラシャド=写真・Masanori Naruse=が来日した。

 昨年リリースしたアルバム「ダブル・カップ」(ビート)は、世界中で高い評価を得た。ハウスやヒップホップを下敷きにしながら、官能的なメロディーや洗練されたアレンジも楽しめる作品に仕上げた。

 「普段は過激でエネルギッシュな音楽をやっているんだけど、今回は全体的にメロウで心地のよいものにしようと思った。自分たちもあらゆるジャンルを取り入れ、こういうことも出来るんだと示したかった。好評でうれしいね」

 美しいフレーズが反復され、その合間に様々な音がせめぎ合う「フィーリン」は酩酊めいていしているかのような錯覚に陥る。表題曲はリズムの速度を変えながら展開し、途中から分厚いサウンドに身を包まれている気分になる。工夫を凝らした佳作が並ぶ。

 シカゴはダンス音楽が盛んで、ラシャドもゲットーハウスと呼ばれる音楽の影響を強く受けて成長した。「デトロイトのテクノに似ている部分もあるけれど、シカゴの方がよりわい雑な感じだった」。

 地元で活躍するDJミルトンやDJディーオンにあこがれ、1990年代中頃、ドラムマシンなどの機材を手に入れ、音楽を作り始めた。やがてダンス音楽のファンらの注目を集めるようになった。「もちろん踊らない人にも聴いてほしいけど、自分もダンスをやっていたし、音楽とダンスは切り離せない」。自身の原点を忘れない。

元記事 : 読売新聞 配信日時 : 2014年3月13日