ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE@LIVEや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

※重要なお知らせ
この度、ダンスのニュース記事は「Dews (デュース) http://dews365.com」 へと移動いたしました。
DANCE@LIVE、DANCE@PIECE、ZEROコンテストなどのイベント情報は引き続き「DANCE@WEB」 より配信いたします。
ダンスのニュースを、お探しの場合は「Dews (デュース)」 をご利用下さい。 よろしくお願いいたします。

NEWS

フォーブスのヒップホップ長者番付、今年の1位はディディに

米経済誌フォーブスが恒例のヒップホップ長者番付「Cash King List」の2013年版を発表。米ケーブルテレビ市場最大手のコムキャストとの提携でこの10月にも放送がスタートする新チャンネル「Revolt」などサイド・ビジネスで注目を集めるディディ(Diddy)が今年の1位となり、「もっとも稼いでいるヒップホップ・アーティスト」となった。昨年6月から今年6月までのさまざまな形での収入が対象となる。

Bad Boy Recordsの総帥として、そしてヒップホップ・プロデューサー/ラッパーとして90年代に頭角を現したディディだが、アパレル・ブランド「Sean John」の成功などを経て、近年はサイド・ビジネスの活躍が目立つ。フォーブス誌も、プロデュースしているウォッカ・ブランド「シロック」の成功が大きいとしており、この1年で5000万ドル(およそ49.3億円)を稼ぎだし、1位となった。昨年は4500万ドルで2位だったことから、ビジネスが順調といえそうだ。また、この10月にはディディが手がける新メディアとして、新チャンネル「Revolt」の放送がスタートする予定で、さらに注目を集めそうだ。

昨年、1億1000万ドルという圧倒的な数字で1位を獲得したカリスマ・プロデューサーのドクター・ドレー(Dr. Dre)は、およそ4000万ドル(およそ39.4億円)で3位に。昨年は、彼が手がけた高性能ヘッドフォン・ブランド「Beats by Dr. Dre」が台湾のモバイル・メーカー HTCによって買収されたことでHTCから1億ドルが支払われたとされており、その利益が大きく影響していた。ドレーは、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー(Trent Reznor of Nine Inch Nails)らと共に新たなサブスクリプション型音楽ストリーミング・サービス「Beats Music」の立ち上げを年内に予定しており、これが成功すればまた順位は変わりそうだ。

今年2位にはジェイ・Z(Jay Z)が4300万ドル(およそ42.4億円)でランクイン。ジェイ・Zも、バカルディの高級コニャック、D’USSEやシャンパンの「Armand de Brignac」などに関わっているほか、カイリー・ミノーグ(Kylie Minogue)など数々の人気アーティストを獲得し、新たにスポーツ・マネジメント部門も立ち上げ、世界最大手メジャーとなるUniversal Music Groupと提携も発表されたRoc Nationや、昨年からスタートさせた大型音楽フェス〈Made In America〉、映画『華麗なるギャツビー』サウンドトラックの監修など多岐に渡って活躍した。なお、7月に発表した新作『Magna Carta…Holy Grail』では、Samsungのスマートフォンでの無料配布キャンペーンのため、100万枚をSamsungに購入させ、500万ドル(およそ4.9億円)の支払いを受けるなど、プロモーション戦術も注目された。

勢いの衰えないYoung Money/Cash Money勢は、4位にニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、5位にバードマン(Birdman)、7位にリル・ウェイン(Lil Wayne)、10位にドレイク(Drake)と4名がトップ20入り。今年、大ブレイクを果たしたマックルモア&ライアン・ルイス(Macklemore & Ryan Lewis)は、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)、ファレル(Pharrell)とタイとなる14位、およそ900万ドル(およそ8.8億円)で初登場となった。また、自身のスタジオを所有し、自主レーベル Strange Musicでインディで活動を続け、年間200日のライブをこなすなど精力的なテック・ナイン(Tech N9ne)は、昨年の600万ドル(20位)から750万ドル(およそ7.4億円)で18位へと上昇となった。自身名義のアルバム・リリースもしばらく途絶え、以前ほどプロデューサーとしてもヒットを飛ばしていないリル・ジョン(Lil Jon)もテック・ナイン同様、DJとして1年で100公演をこなすなどの地道な活動が久々のトップ20入りに功を奏したようだ。なお、リル・ジョンとタイとなる20位となったクエストラブ(?uestlove)は今回がトップ20初登場となる。

トップ20ランキングは以下のとおり。

1. Diddy ($50 million)
2. Jay Z ($43 million)
3. Dr. Dre ($40 million)
4. Nicki Minaj ($29 million)
5. Birdman ($21 million)
6. Kanye West ($20 million)
7. Lil Wayne ($16 million)
8. Wiz Khalifa ($14 million)
9. Ludacris ($12 million)
10. Drake ($10.5 million)
11. Snoop Lion ($10 million, tie)
12. Eminem ($10 million, tie)
14. Kendrick Lamar ($9 million, tie)
14. Pharrell Williams ($9 million, tie)
14. Macklemore & Ryan Lewis ($9 million, tie)
17. Swizz Beatz ($8.5 million)
18. Tech N9ne ($7.5 million)
19. 50 Cent ($7 million)
20. Lil Jon ($6 million, tie)
20. Rick Ross ($6 million, tie)
20. Mac Miller ($6 million, tie)
20. Young Jeezy ($6 million, tie)
20. Questlove ($6 million, tie)

元記事 : bmr 配信日時 : 2013-09-25 18:19