ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE ALIVE HERO'Sや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

※重要なお知らせ
この度、ダンスのニュース記事は「Dews (デュース) http://dews365.com」 へと移動いたしました。
DANCE@LIVE、DANCE@PIECE、ZEROコンテストなどのイベント情報は引き続き「DANCE@WEB」 より配信いたします。
ダンスのニュースを、お探しの場合は「Dews (デュース)」 をご利用下さい。 よろしくお願いいたします。

NEWS

余命僅かの父へ“1人結婚式”、ラストダンスで「大好きよ、ダディー」。

結婚する子どもの晴れ姿が見られれば、苦労して育てた親なら、誰もがこの上ない幸せを感じることだろう。最近米国のある女性は、すい臓がんを患い余命3か月とされる父親に自分の晴れ姿を見せられそうもないと悟り、とても残念な気持ちになった。しかし父をこよなく愛する彼女は、いつか行うであろう自分の結婚式に「父にもいて欲しい」と考え、父と踊る姿を撮影するための“1人結婚式”を開こうと決断。花婿はいないまま、先日公園の展望台をステージにした式を行い、娘の花嫁姿が見られた父親も喜んだという。
米放送局ABC系列KXTVによると、父親のための結婚式を行ったのは、カリフォルニア州オーバーンに住む25歳の女性、レイチェル・ウルフさん。すい臓がんを患う彼女の父ジェームズさんは、すでに化学療法などの治療も行っていない末期状態といい、医者からは「長くて余命3か月」と宣告されていた。辛い現実に直面している父は、死に対する恐怖はないというものの、「彼女の晴れ舞台に出られないのが一番悲しい」と、娘の結婚式に出られない悔しさを募らせていた。
[記事全文]
元記事 : ナリナリドットコム 配信日時 : 2013-07-29 19:09