ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE ALIVE HERO'Sや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

※重要なお知らせ
この度、ダンスのニュース記事は「Dews (デュース) http://dews365.com」 へと移動いたしました。
DANCE@LIVE、DANCE@PIECE、ZEROコンテストなどのイベント情報は引き続き「DANCE@WEB」 より配信いたします。
ダンスのニュースを、お探しの場合は「Dews (デュース)」 をご利用下さい。 よろしくお願いいたします。

NEWS

ウータン・クラン、96年のトゥパックの死がヒップホップを変質させたと語る

ウータン・クランのマスタ・キラとプロデューサーのマスマティクスは『NME』の動画インタヴューに答えており、ヒップホップを変えた事件として1996年のトゥパックの銃撃死事件を挙げている。
当時、人気絶頂だったトゥパックは1996年9月にラスヴェガスで車で移動中に銃撃に遭い、その後病院で死亡したが、この事件がヒップホップの基本的な性格を変えてしまったとマスマティクスは次のように語っている。
「ヒップホップを変えた瞬間となったら、パック(トゥパック)の死になるね。というのも、パックが死んだ後は、俺個人としてはまるでブルース・リーが死んだのと同じような感じを受けたからなんだ。たとえば、ブルース・リーが死んだら、残された連中はみんなブルース・リーの真似っこばっかりになったんだよね。ジャッキー・チェンだってそうだったわけで、最初はみんな、ジャッキ―・チェンのことはブルース・リーの代用として利用してたわけだからね。それでパックが死んだら、同じように誰も彼もがパックのようになろうとして、それでヒップホップそのものも変わってしまったんだよ。それまでのヒップホップっていうのは、誰かのようになりたいってことじゃなくて、自分は誰なんだっていうオリジナリティで勝負する世界だったわけだからね。そういうところがそれ以降はちょっと変わっちゃったんだよね」
[記事全文]
元記事 : RO69 配信日時 : 2013-08-08