ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE ALIVE HERO'Sや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

PROJECT

origami PRODUCTIONS 無料イベントを開催 “O2(オーツー)”

origami PRODUCTIONS 無料イベントを開催 “O2(オーツー)”

ストリートダンスシーンにも確実に足跡を残しており、ストリートダンサーにもファンが多いインディーズレベールorigami PRODUCTIONSが、本格的な無料イベントを開催する。その名も”O2 (オーツー)”。
HIPHOP的な黒さを残しつつ、日本人独特の感性を盛り込んだorigami サウンドは、聴くものを虜にする。origamiが擁するアーティスト Ovall / 45trio / mabanua / Conguero Tres Hoofersといった豪華メンバーが一同に会する。レーベル5周年の感謝を込めなんと全国5ヵ所で3,000人を無料で招待。これはミュージックシーンのみならず、イベント業界全てにとって衝撃的な出来事だ。
予約はWebメディア”Oshite (オシテ)”で受付中!

チケット予約はメール1本で完了!詳細は以下↓
http://oshite.net/contents/member/detail.html?id=73

また同時にライブ予約と同時に「音楽配信+メディア」という画期的なWebメディアOshiteを初月無料で楽しめます。origamiアーティストの他沢山のアーティストの「ここだけで聴ける新曲」を1ヶ月無料で多数ダウンロード!TV、ラジオ等のコンテンツも充実!10月はなんとOvallのNewミニアルバムをOshite限定無料ダウンロード!

各メディアでも大々的にピックアップされており、今後の展開にも期待だ。

「-origami Free Live Tour- O2」
11月10日(土) @ 仙台 CLUB JUNK BOX
11月11日(日) @ 東京 LIQUID ROOM
12月14日(金) @ 福岡 BEAT STATION
12月15日(土) @ 大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
12月16日(日) @ 名古屋 montage lounge & CLUB COLORS(2フロア)
※全会場 17:00 OPEN / 18:00 STARTとなります。
※名古屋以外の会場では別途ドリンク代500円が必要になります

O2
【Message from CEO】

渋谷を中心にアーティストが夜な夜な集い行われていたジャンルレスなジャムセッション。
2007年、僕はその“現場の音”をレーベルという形で世界へ広める為に
origamiを立ち上げました。
これまで数多くのメディア、お店、仲間、そしてファンの皆さんに支えられ、
我々は今、ここに立つ事が出来ています。今年は5周年という事でサポートしてくれた皆さんに何か恩返しが出来ないか、考えてきました。
その結果行き着いたのは、とにかく全国の皆さんにライブを観てもらいたい!と言う事。しかも無料で。

こんなご時世、観たいライブ、買いたいCDはどうしても後回しになると思います。
最近音楽関係者から「皆さんCDを買ってください。ライブに来てください。
皆さんがお金を払わないとこの世から音楽がなくなってしまうんですよ」という悲痛の訴えを聞きます。

気持ちは痛い程分かります。
ですがちょっと待ってください。
その前に、“ここまで続けて来る事が出来た”のは誰のお陰でしょうか?

創ったものに共感し、お金を出してくれたファンの皆さんがいるからこそ、我々は続けていける訳です。
「買ってくれないと続かない」ではなく、まずは「続けてこれた事」に対する感謝が先なのでは?と思うんです。

origamiは吹けば飛んでしまうような小さなレーベルです。
ですがこんな時代に5年続けてこれたのは、まぎれもなくファンの皆さんから集まったお金があったからなんです。
しかもマーケティング的な音楽ではなく、ただただ自分達が好きな事をやって、それに共感してくれる人達に支えられている、これは現在の音楽シーンにおいて本当に奇跡的な事だと思っています。

という事で秋~冬にかけて全国6都市トータル3000人の無料レーベル・イベントO2(オーツー)を計画しています。
O2は今まで東京を中心に7回開催してきたレーベルイベントです。
Ovall / 45trio / mabanua / Conguero Tres Hoofersといったorigamiのバンドが次々にパフォーマンスを披露します。

ただし、当たり前の事ですが全国を周るには費用がかかります。
思い切ってここに書いてしまいますが「移動費」「箱代」などなどを合算すると700万円程の経費がかかるので、正に社運を賭けたプロジェクトになります。

暗いニュースばかりが目立つ音楽業界で、この意気込みを見せる事が少しでもポジティブな話題として広がっていけばと考えています。
そして何より今までサポートしてくれたファンの皆さんに少しでもサプライズをお届け出来ればと思っております。

このプロジェクトを実現させる方法は3つあります。

その1. スポンサーさんを募り協賛してもらう
その2. 現場でCDを売り、もしライブを気に入ってくれたら皆さんにCDを購入してもらう
その3. 全ての費用をレーベルで負担する。

もし1、2の収益が0だった場合、全てをレーベルで負担するしかないのですが、
それは同時に一度会社を終了させるという事を意味します。
その覚悟はあります。が、もちろんそれで終わらせるつもりはありません。

そこで現在協賛いただけるスポンサーさんを探しております。
ただし、ただお金を出してもらい会場での商品サンプリングやフライヤーにロゴを入れます、
みたいなお決まりの事だけでは終わらせません。

いくつかの条件、アイデアがあります。

1. スポンサーさんはこちらでも吟味させていただきます。

お金を出してもらうのに選り好みするなんてなんて生意気な、と思われるかもしれません。
しかし、タレントさんやアーティストが本当に好きかどうか分からないモノを笑顔で宣伝しているコマーシャルに疑問を持った事はありませんか?僕はあります。
宣伝も商品作りも一緒です。嘘があってはいけないと思います。
だから私たちはスポンサーさんを吟味します。
アーティストやスタッフが実際に使用していたり、共感している商品、企業とコラボがしたいと思います。

2. 協賛してくれた企業さん(商品)をどうやって宣伝するかはアーティスト自身が企画を立てプレゼンテーションします。

スタッフやクリエイターではなく、アーティスト自身のアイデアで自分が大好きなモノの良さがファンに伝わる企画を考えます。

3. 最後に1、2のような方法で協賛企業を探しているという事を皆さんに公開する。

これがアーティスト、商品共にファンの皆さんに信用される一番の方法だと思っています。

このマインドに共感してくれる企業さんがどれだけいるか分かりません。
広告代理店、そしてメジャーレーベル出身の自分としてはこの前代未聞のやり方が全てリスキーだという事も分かっています。

しかし震災以降、日本人の考え方は変わったと思います。
ただ利益を追求するのではなく、文化を育てていく事。
目の前の利益ではなく長い目で見るとそれが結果プラスになっていく。
それを行動として示していきたいと考えています。

無茶な事やってるやつがいるから傍観してみたい、という興味本位のお気持ちでも構いません(笑)。
もし何か共感してくれた方は是非ご協力をお願いします。
Facebookをやっている皆さんは「いいね!」を、Twitterの皆さんはRTを、またチケットが発売になったら是非手にしてください。
そして現場でライブに感動してくれたらで構いませんので是非CDを家に持ち帰ってください。
(会場限定スペシャルCDを用意します)

また、もう1つお願いがあります。
皆さんの周りでこの企画に賛同してくれる企業の方がいたら是非info@ori-gami.comまでご一報ください。

社会に出ている人は皆、ある場所ではお客さんですが、違う場所では売る側に立っています。
つまりこれを読んでいる皆さんも僕も業界や立場は違えど同じ想いで日々戦っているんだと思います。
何をやっても無駄だと思ってしまうこんなご時世に、自分たちが行動すれば夢は実現するという事を証明する事。
もちろんそれは自分たちの為にもなりますが、何より今後若い世代が仕事をする上での良い環境作りになるのでは?
と思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
共感してくれる方、是非ご協力お願いします。
CEO : Yoshi Tsushima

O2

・Yahoo!news
「origami PRODUCTIONSが、全国5カ所・3,000人を対象にした無料イベントで前代未聞の意思表明」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120809-00000217-bark-musi

・ナタリー「Ovall、45trioらが全国5都市で無料レーベルイベント開催」
http://natalie.mu/music/news/76291

・bmr news「Ovallが新作ミニ・アルバムを2500名限定で無料配信! ツアーも無料!」
http://bmr.jp/news/detail/0000014078.html