ダンスサイト DANCE@WEB

DANCE@WEBは世界最大級のストリートダンスバトルDANCE ALIVE HERO'Sや、全日本高校生ダンス部コンペティション、年末のダンスアワードDANCE@PIECE、ZERO CONTEST、他様々なダンスイベントの情報を配信します。

EVENT REPORT

第10回 全国人民舞麗筋大会

第10回 全国人民舞麗筋大会

総勢500名を超えるBREAKIN CREW BATTLEを制したのは「Body Carnival」!!!

今回で10年目を迎えるB-BOY&B-GIRL CREW BATTLE『全国人民舞麗筋大会』 が2012年2月4日(土) 川越市民会館にて 開催された。
JUDGEには、AICHI、ISOPP、OBACHANG、STOVE、TONOを迎え、総出場者519名、オーディエンス252名もの来場となり、優勝賞金はなんと52万円と発表されるやいなや、出場者は皆興奮し、会場全体が熱気に包まれていた。
全国各地からB-BOYシーンを引っぱる多くのチームが参戦し、終止レベルの高いバトルとなっており、中でも会場から注目を浴びたのは、この日限りのユニットチーム、KAKU、RYOMA、2GOO、アフロック、TOSHIKI SKI、テッペイ、シュウヘイ、キムタクからなる「MORTAL SPIN COOL NATION 」、小次郎 a.k.a BUSTABUSH、YU-YA、きょうへいつーなどからなる「GOSTOBA」。他には、東北よりConclusion Crew、新潟よりBEFEEMOSS、京都よりBody Carnival、などに加え、WASEDA BREAKERS、鬼族、Fly Aroundなど昔から活躍を魅せるチームなどの参戦もあり、幅広い年代と幅広い地域からの集まりで、B-BOY BATTLEの祭典とも言えるイベントとなっていた。
強豪チーム同士がぶつかりあつトーナメントになっていたりと、事実上決勝戦ともいえるバトルが多くみられたが、その中でも個々のスキルの高さに加え抜群のチーム力を魅せていたのは、ARIYA、Body Carnivalなどがルーティンなどでも会場を沸かせていた。8 NORTH GATEも、バトルを楽しみかつ、チームの色を抜群に出したルーティンなどをを魅せるも、初戦からMORTAL SPIN COOL NATIONとぶつかってしまい、惜しくも敗れてしまう。間違いなく僅差であったと言えるだろう。その他にも、素晴らしいスキルを持ち合わせているチームも多く参戦していたが、つぎつぎと激しいトーナメントの前に敗れていき、終止盛り上がりを魅せ続けていたトーナメントとなっていた。数々のチームが5名以上の参戦であったが、中でもMIX UPが3人でも抜群のスキルと、少人数ながらみせるアクロバティックなルーティンでオーディエンス、ジャッジなど会場の空気をつかんでいた。惜しくも途中でやや疲労がみえ、敗れてしまうも、この日素晴らしいバトルをした1チームであることに間違いない。それとは対照的に、約20名から構成される目白BBOYZはもはやお祭り騒ぎといっていい程の盛り上がりで、バトルの空気を自分達にうまく引き寄せたりもしていた。そんな中見事BEST4まで登りつめた肩幅クリーチャーズには、若手注目株でもあるB-Girl AKIRAが若干中学1年生にし、音に合わせた見事な踊りとフットワーク、フリーズを魅せ会場をわかせていた。などなど、日本全国のB-BOY達が集まったとも言えるこのバトルで、見事決勝まで駒を進めたのは、MORTAL SPIN COOL NATIONとBody Carnivalとなった。ARIYAなども素晴らしいバトルを魅せるもMORTAL SPIN COOL NATIONの前に敗れてしまう。
お互いスキルでは引けを取らないバトルとなっていたが、日本を代表する抜群のチーム力を持つBody Carnivalのルーティン、そしてシンクロし爆発したチーム力がこの日の会場の空気を自分達のものにし、ジャッジの心も掴み、見事優勝の座に輝いた。年々盛り上がりを魅せ続けている全国人民舞麗筋大会!10年目にして日本を代表する最高レベルのB-BOY CREW BATTLEとなったに違いない。


-CREW BATTLE 結果-
WINNER : Body Carnival
2nd : MORTAL SPIN COOL NATION
BEST4 : ARIYA / 肩幅クリーチャーズ

-連続エアー記録会 結果-
WINNER : 面取り班長 27回

-連続ウインドエアー記録会 結果-
WINNER : 龍二 18回